プロテクションフィルム施工時のコーティング除去作業

プロテクションフィルム施工時のコーティング除去作業 プロテクションフィルムの貼りつけを施工する際に、最初にワックスやコーティング除去を行う必要があります。
コーティングの種類にもよりますが、基本的にプロテクションフィルムの貼りつけに悪影響を及ぼすことが多いからです。
下地を綺麗に整えるというのは、コーティング剤を塗布するときにも必要であるのと同様です。
またワックスやコーティング剤だけでなく、汚れもしっかり洗い流す必要があります。
そうしないと汚れをフィルムの中にそのまま閉じ込めてしまうことになります。
従って、プロテクションフィルムを貼る前には丁寧に時間をかけてボディを綺麗な状態にもっていくことになります。
ここもプロの業者の腕の見せ所です。
ポリッシャーでしっかり磨きをかけてからプロテクションフィルムの施工に取り掛かります。
DIYで行う場合は、プロのようにはいきません。
それでも目に見える範囲でのごみや汚れを除去することが大切です。
部分的であればコンパウンドで軽く磨くのも効果的でしょう。

プロテクションフィルムを貼る際のコーティング除去

プロテクションフィルムを貼る際のコーティング除去 自動車のボディは太陽の紫外線や温度、湿度の変化を受けるなど過酷な環境に晒されていますので、ボディの保護を行う必要が有ります。
ボディのコーティングとして注目されているのがプロテクションフィルムの利用です。
これを使用しますと万が一の飛び石などによる傷付きの防止を行えますし、透明なフィルムですのでフィルムを貼っている事がぱっと見では判りません。
またプロテクションフィルムはボディのパーツ毎に分けて貼りますので、傷付いた部分だけ分けて取替えする事が可能です。
既にボディにコーティング処理を施している場合には、種類によってはコーティング除去が不要なケースも有りますので、施工店に相談する事が必要となります。
プロテクションフィルムを貼った後には専用のコーティング剤を施工する事も可能です。
プロテクションフィルムの施工に際しては専門的な技術が必要となりますので、施工店選びの際には実績なども確認する事が大切です。