プロテクションフィルムによる発色

プロテクションフィルムによる発色 プロテクションフィルムは貼り付けていることが分からないほど、透明性が実現されています。コーティング剤とは比較にならないほど、十分な厚みである150μが確保されています。しかも柔軟性を兼ね備えているので、殆どの湾曲面に施工することが出来ます。フロンとバンパーをはじめ、ドアノブやドアエッジなどにも施工できます。即ち、日常で考えられる殆どのキズに対応できるわけです。プロテクションフィルムは簡単に剥がせるので、フィルムを剥がせば新車と同じ状態が現れます。
フィルムを剥がす際にも、塗装面を傷める心配がありません。これによって売却時の査定評価を有利にすることができるわけです。この特性を活かすことで、サーキット走行時のキズからも守ることが可能です。また、クルマに限らず、バイクにおいても施工することが出来ます。飛び石などからボディーを守ることで、長く乗ることが可能になると言えます。加えてシーズンごとに貼りかえることで、常に発色の良いマシンにしておけるわけです。経年による塗装変化も防止できます。

プロテクションフィルムは遠距離走行で起こるキズから塗装面を保護します。

プロテクションフィルムは遠距離走行で起こるキズから塗装面を保護します。 車で遠距離ドライブをすることが好きな方は経験しますが、ドライブから帰ってきて洗車をしたとき、車体の表面特にバンパーや、フェンダーに細かいキズを見つけることが有ります。
原因で一番多いのは走行中に小石が跳ねて、車体に小さなへこみをつけてしまうことで特に遠距離を走る場合に多く、車を大事にしている方には残念なことですが仕方ないとあきらめている方もいます。
そのような小さなキズやへこみから塗装面を守ってくれるのがプロテクションフィルムで、薄い透明なフィルムを貼ることで塗装面を保護しキズから車体を守ります。
プロテクションフィルムは車全体に貼ることも出来ますが、特にキズがつきやすい場所を選んで部分的に貼ることも出来ます。
フィルム自体が透明で薄く作られているので貼っている場所は近くで見ても分かりません。
またプロテクションフィルムを貼ることで面倒なワックスがけも減り走行後は水を流せして拭き取れば洗車を終わらせることが出来ます。
ボディーをキズから守るプロテクションフィルムは車が好きな方にとって必須アイテムです。