再塗装時はプロテクションフィルムの張替えが必要

再塗装時はプロテクションフィルムの張替えが必要 自動車の塗装を守りたいと誰もが考えますがどうしても傷が絶えないものです。
知らない間に傷がついてしまっていることが多くほとんどが飛び石や駐車中に周りの人の乗降時などに擦れてしまう傷なのです。
傷を少しでも少なくしようと気を使ってボディにもワックスをかけますがやはり絶えないものです。
そこでボディ面に塗装を保護するためにプロテクションフィルムを施工する方法があります。
これは柔らかな素材でできていて曲面にぴったり貼り付けることができます。
塗装面の上に貼り付けて保護し、紫外線などからも塗装を守ってくれます。
プロテクションフィルムは長く使用することができますが、やはりフィルム面も傷が汚れが付いてきてしまいます。
プロテクションフィルムのメリットはまた剥がして張替えができることです。
それほど手間がかかるわけでもなく費用もかかりません。
塗装を傷めてしまい再塗装をするよりも安く早く済むことになり新車で張っているなら綺麗さを維持できます。

プロテクションフィルムの色味はどんな感じ?

プロテクションフィルムの色味はどんな感じ? プロテクションフィルムは無色透明なフィルムなので色味は元々の車のボディの色そのままに限りなく近いです。
見た目でも分からない、全く同じような仕上がりになります。
車のボディへの直接的な飛び石や鳥の糞、紫外線や風雨などからの傷を防ぐ目的で開発されたフィルムなので色はついていません。
車のボディに貼った場合でもボディの色も変わらないので車検にも通ります。
ただしヘッドライトなどに貼った場合は経年劣化によって、道路交通法の保安基準で定められている光量不足で引っかかってしまう場合もありますので定期的な貼り替えを推奨しています。
無色透明のプロテクションフィルム自体が車検の保安基準による光量試験で問題無く車検検査に通る結果を得ているものがほとんどです。
定期的に貼り替えて使用しているのであれば安心して使用できるフィルムです。
車体全体を外部からの傷などから保護してくれるので、売却時の査定の評価に響くボディの傷などもまったく貼らない場合よりも格段に少なくなります。