フィルムの防汚性

フィルムの防汚性 自動車をきれいにしてもすぐにきたなくなってしまいます。
走るたびに埃や鉄粉、排気ガスが付着することで、そこに雨が降ると雨に汚れとともにボディに付着している汚れも広がります。
いくら洗車をしても汚れてしまうために自動車をコーティングする方法があります。
しかしこの方法もいずれは剥がれてくるために、すこしでも長く維持する方法としてプロテクションフィルムがあります。
水垢などの汚れからもボディや塗装を守ることができる防汚性に優れた素材なのです。
コーティングよりも防汚性をあげることができ、塗装面の傷からも守れます。
プロテクションフィルムのメリットは綺麗な塗装面は見える素材で、柔らかく施工しやすいのです。
毎日自動車を使っているという人や汚れが付着して取れなくなってしまうのを防ぐ目的で利用されています。
そこでプロテクションフィルムをしこうすれば表面の汚れもひどくなってきたらフィルムを剥がす、又は貼り替えて綺麗にできます。

プロテクションフィルムの経年劣化はするの?

プロテクションフィルムの経年劣化はするの? 車のボディを飛び石や鳥の糞、紫外線や風雨などから保護する目的で貼られるプロテクションフィルムでも貼ってそのままではいけません。
定期的にメンテナンスをする必要があります。
適切にケアを行わないと経年劣化の進行がケアを行った場合と比べて格段と早まってしまいます。
車のボディに貼るプロテクションフィルムですが現在では様々な種類のものが開発されて使われています。
ほとんどのプロテクションフィルムの耐久性はボディの保護を目的としているため1年程度表記しているメーカーが多いです。
高耐久の製品も開発されていてだいたい5年程度の耐久性が確認されているものもあります。
5年耐久性があると言ってもフィルムの変色や張り替えのときの剥がしたノリ残りなどを考えると2年から3年での使用を推奨しています。
プロテクションフィルムを貼った車も走行中の飛び石や鳥の糞、紫外線や風雨などにさらされ続けます。
それらから保護するために貼られていても経年劣化は避けられないので定期的な貼り替えをお勧めしています。